排出事業者の産業廃棄物の処理状況確認

排出事業者の産業廃棄物の処理状況確認

排出事業者の産業廃棄物の処理状況確認

平成23年4月1日法改正の要点

 

委託する処理業者の処理状況確認の努力義務が明記されました!

 

これまでも、排出事業者責任という考え方から、環境マネジメントシステムISO14001などを推進する企業は、類似した処分場の現場確認を自主的に行ってきました。

 

廃棄物処理法では、処理業者の管理を毎年のように追加規定してきましたが、それでも無くならない不法投棄の現状から、排出事業者責任に一歩踏み込んだ形となっています。

 

改正概要

排出事業者は、産業廃棄物の運搬又は処分を他人に委託する場合には、
その産業廃棄物の処理の状況に関する確認を行い、
最終処分終了までの一連の処理行程における処理が適正に行われるために
必要な措置を講ずるように努めなければならない。

 

処理の状況に関する確認とは、委託先の中間・最終処分場について、
委託契約どおりの廃棄物の適正処理ができるのかを確認することです。
では、インターネットやパンフレットだけで確認できるのでしょうか。

 

チェック方法その1:現地で直接確認する

確認項目としては、
・施設の処理能力が適正か
・廃棄物の施設外への飛散・流出はないか
・施設内の廃棄物の処理が適正に行われているか
・施設の維持管理状況は適正か
・処理業者の経営状況は良好か
・委託契約書、マニフェスト、帳簿の管理は適正か

 

チェック方法その2:優良産業廃棄物処理業者認定制度の活用

同制度の優良認定を受けた産業廃棄物処理業者に処理委託し、公表情報で適正処理を確認する。

 

※優良産業廃棄物処理業者認定制度とは、
通常よりも厳しい許可基準をクリアした優良な産業廃棄物処理業者を、
都道府県や政令市が認定する制度

 

排出事業者は、処理を委託する産業廃棄物処理業者が、委託契約書にそって、
適正に廃棄物の処理を実施しているかを確認することで、
最終処分終了までの一連の処理行程における適正処理を確保することができるのです。

 

産業廃棄物処理業者の経営状態や施設管理も年々変化しますので、
処理状況の確認は、一度きりではなく、頻繁に行うことをお勧めします。

 

外向きには適正に処理されていると思われる処理業者も
資材置き場に不明な搬入物が置かれていたり、
施設の配置が仕様書とは違っていたり、合理化や省力化の名目で
不適正な処理がなされている可能性があります。
現場確認は自らを守るためにも必要です。

 

当事務所では、排出事業者様が委託する収集運搬業者及び
中間・最終処理施設の適正処理に関する状況確認をお手伝いいたします。
産業廃棄物処理業者様の処分場状況確認についてもお問合せください。

 

廃棄物処理法に関することなら、行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!