下請業者は収集運搬業の許可が必要

下請けさんは収集運搬業の許可が必要です

下請業者は収集運搬業の許可が必要

建設工事の産業廃棄物の処理責任

 

建設現場の特殊なルール

 

設現場では産業廃棄物の排出事業者は「元請業者」となります。

 

建設現場で発生する産業廃棄物のすべてについて、排出事業者である元請業者に処理責任があります。

 

下請けさんは収集運搬業の許可が必要

 

下請業者は排出事業者には該当しません。ですから、産業廃棄物を運搬することができません。

 

工事で発生した不要物も、持ち帰ることができないのです。

 

下請業者が産業廃棄物(不要物で持ち帰り用のものを含む)を運ぶ場合、産業廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。

 

許可不要の要件

 

ただし、下請業者が下の全てを満たす場合のみ許可は不要です。

 

・発注者からの元請負代金の額が500万円以下である維持修繕工事
・特別管理産業廃棄物に該当しない
・1回当たりの運搬量が1?以下
・元請業者が使用権原を有する施設(排出事業場と同一都道府県内or 排出事業場の隣接都道府県内に所在する施設に限る)への運搬
・運搬の途中で積替え保管を行わない
・当該運搬が法第21条の3第3項に規定する場合に該当することを証明する書面を携行
(「請負契約書の写し」及び「排出事業場の位置、廃棄物の種類及び量、運搬先、運搬期間等を具体的に記載した書面(元請業者・下請業者の押印があるもの)」【施行通知の別記様式】)

 

お問合せ

 

廃棄物処理法に関することなら行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!