一般廃棄物と産業廃棄物の違い

一般廃棄物と産業廃棄物の違い

一般廃棄物と産業廃棄物の違い

一般廃棄物とは、廃棄物処理法(第2条)によると、
産業廃棄物以外の廃棄物ということになっています。
つまり一般廃棄物とは特定したものではなく、いつの時代もその時の廃棄物処理法上で産業廃棄物とされた物以外の廃棄物のことをいうわけです。

 

 

では、産業廃棄物とは、どのようなものでしょう。
現在の法律では、ごく簡単に言えば、事業活動により排出される以下により分類されたものです。

 

 

それは、

1)特定の業種に限定して産業廃棄物となるもの::紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さなど。
2)業種を限定せず産業廃棄物となるもの: 燃え殻・汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・金属くず・ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くずなど。

です。
ちなみに「事業活動」には、自治体や学校、NPO、地域団体などの活動も該当します。

 

 

1)の「特定の業種に限定する」というのは、紙くずで言えば、パルプ製造業、紙製造業、紙加工品製造業、新聞業など業種に限定して産業廃棄物となります。ですから、限定業種でないサービス業、運送業など紙の製造等に関係のない業種から排出される紙くずは一般廃棄物 (事業系一般廃棄物)となるのです。

 

では、2)の「業種を限定せず」はどうでしょうか。業種限定が無いということは、どんな業種でもその廃棄物の品目はすべて産業廃棄物となるものなのです。
(飲食店から排出されるポリ容器やフライパンは産業廃棄物)

 

 

一例としては、ファーストフード店(事業活動を行っている事業所・業種限定範囲外)から出た廃棄物のうち、
1)使用済み紙コップ・割りばし、広告チラシの残り、残飯、不用なコピー紙、やぶれた制服は、
一般廃棄物 (事業系一般廃棄物)扱い。
2)割れた瀬戸物、割れたガラスコップ、柄の曲がったフライパン、使用済みてんぷら油、グリストラップ汚泥、洗剤のポリ容器は、産業廃棄物となるのです。

 

 

もちろん事業系の対極にある家庭系の廃棄物は当然一般廃棄物となります。

 

 

また、プラスチック成形工場(業種限定範囲外)で、
産業廃棄物処分用コンテナに紙ごみや布ごみが入っているのは、
法律違反になる可能性があるので、
それらは一般廃棄物として処分する必要があるのです。

 

 

廃棄物の分類は次の表のように表現できます。
廃棄物の分類
(上記にかかわらず、産業廃棄物の中間処分場や最終処分場などの施設が政令指定都市等に所在する場合は都道府県ではなくその都市の許可となります)

 

表のなかで左側の「事業」系の下の線の分かれ目が産業廃棄物と事業系一般廃棄物の法律的な分かれ目です。つまり事業から排出される廃棄物のうち、産業廃棄物となる物以外のものが右側の事業系一般廃棄物に分かれていくのです。

 

 

上記のうち産業廃棄物となる物を処分するには、
処理業者と処理委託契約書を事前に交わし、
産業廃棄物管理票(マニフェスト)を準備するなど、
適正な方法で処理する必要があります。

 

 

それをしないで一般廃棄物として処分すると不法投棄と言われてしまいます。
反対に、一般廃棄物であるものを産業廃棄物として処分することも違反です。

 

 

不法投棄となれば、廃棄物処理法(第25条)により、
5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金
となってしまう可能性があります。

 

 

廃棄物の怖いところは、分別の不適切により法律違反となりかねないのです。
ご注意ください。

 

 

⇒産業廃棄物の許可と一般廃棄物の許可とはどのようなものなのでしょうか、それは次のページでご覧下さい。↓
 一般廃棄物と産業廃棄物の処理業許可はどう違うのか

 

開業前でも、事業が赤字でもまずはご相談ください。
開業前に許可申請はできる?
事業が赤字でも許可申請は可能?

 

当事務所では、排出事業者様の適正な廃棄物処理のためのご提案をおこなっております。
こんな廃棄物はどこに頼んだらいいの!
産業廃棄物を捨てるには何を準備すればいいの!
など、さまざまな疑問にお応えします。

 

廃棄物処理法に関することなら行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!

一般廃棄物と産業廃棄物の違い関連ページ

産業廃棄物とは
産業廃棄物の種類
医療廃棄物と産業廃棄物