産業廃棄物

一般廃棄物と産業廃棄物の処理業許可はどう違うのか

他人の廃棄物を処理するためには業の許可が必要です。一般廃棄物の収集運搬業は市町村長許可となり、市町村長の裁量度合いが大きく、その市町村の処理計画の中に組み込まれるため、ごみの減量を推進している市町村などは許可業者数を制限していて、許可を取りたくても取れない場合があります。それに比べ産業廃棄物の収集運...

≫続きを読む

産業廃棄物許可が受けられない・取り消しになる要件

申請者である個人事業主、法人、法人の役員、株主などが、次に記載する欠格事由に該当する場合は、許可は受けることができません。また、許可後に次のいずれかに該当した場合は、許可の取り消し処分を受けることになります。1.成年被後見人若しくは被保佐人または破産者で復権を得ない人がいる時。2.禁錮以上の刑に処せ...

≫続きを読む

産業廃棄物収集運搬業の申請に不可欠な要件

「産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」の修了証の添付(写しを添付し、申請時に本書を持参、原本確認をされます)許可申請日までに、産業廃棄物の収集運搬課程(新規)を受講し、修了証の交付を受けなければなりません。この講習会は、廃棄物処理法に基づき、産業廃棄物または特別管理産業廃棄物処理業の許可を新た...

≫続きを読む

産業廃棄物収集運搬業の申請には運搬施設の準備が必要

運搬施設の準備産業廃棄物の収集運搬業を営む場合には、まず「運搬施設」を準備する必要があります全く新規で事業を立ち上げる場合には、最低限運搬車両などの「運搬施設」が納車されていないと許可申請自体ができません。運搬施設の要件としては、産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭の漏れるおそれのない運搬施設...

≫続きを読む

産業廃棄物許可に必要な車両写真の撮り方

許可申請に必要な車両写真の撮り方は、都道府県又は政令市によって異なります。近年は産業廃棄物車両の表示を明確にするために側面写真の追加を求められるケースが増えています。最も多いのが下図のBCの対角の斜め撮りですが、@Aの全面と側面も多くなってきました。公道を走行できるならほとんどの車両がOKなので、あ...

≫続きを読む

産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(新規及び更新)

産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(新規及び更新)についてご存じでしょうか。この許可講習会は、(特別管理)産業廃棄物処理業の許可を新規に又は更新の為に継続して業の許可を受けようとする方を対象に、(特別管理)産業廃棄物の適正な処理を行うために必要な専門的知識と技能を習得することを目的としています...

≫続きを読む

廃棄物処理業者に係る不利益処分基準

廃棄物処理業者に係る不利益処分基準というのをご存じでしょうか。これは各県によっても違っています。今回は静岡市のケースについて見てまいります。《静岡市の場合》1)不利益処分基準を定めるの目的は廃棄物の処理業者及び設置者に対して、法令に規定して行う不利益処分について、行政手続法に基づいて処分基準を明らか...

≫続きを読む

静岡県の産業廃棄物に関する条例

静岡県では、産業廃棄物の適正な処理を促進し、県民の生活環境の保全のために「静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例」を定めています。5つの柱1.排出事業者の処理責任の徹底2.県外から搬入される産業廃棄物の適正処理3.処理業者による不適正な処理の防止4.不法投棄等に利用されないための土地の適正管理5....

≫続きを読む

開業前に許可申請はできる?

開業前でも許可申請はできるでしょうか。そんな質問を頂くことがあります。実はできる場合がほとんどです。要件があります。1)当然開業資金は必要です。「事業の開始に要する資金の総額及びその資金の調達方法を記載した書類」を記載する必要があります。それまでの年収の半年分のくらいは用意しましょう。2)納税の義務...

≫続きを読む

事業が赤字でも許可申請は可能?

事業が赤字でも許可申請はできるでしょうか。そんな質問を頂くことがあります。実はできる場合がほとんどです。許可権者がなぜ赤字にこだわるのかというと、過去の不法投棄の事件が原因しています。不法投棄をする会社は赤字会社がほとんどで、高い処分費を払えず、不法投棄をしていたという事例が多いためです。ですから、...

≫続きを読む