産業廃棄物

事業が赤字でも許可申請は可能?

産業廃棄物収集運搬業の許可はお任せください

あんしん申請サポート¥64,800(産業廃棄物収集運搬業許可申請)

 

事業が赤字でも許可申請はできるでしょうか。
そんな質問を頂くことがあります。
実はできる場合がほとんどです。

 

許可権者がなぜ赤字にこだわるのかというと、過去の不法投棄の事件が原因しています。不法投棄をする会社は赤字会社がほとんどで、高い処分費を払えず、不法投棄をしていたという事例が多いためです。
ですから、資金があり、経営計画を立てることができる企業なら、赤字でも十分許可申請は可能です。

要件があります。

1)もちろん事業開始資金は必要です。

「事業の開始に要する資金の総額及びその資金の調達方法を記載した書類」を記載する必要があります。潤沢とは言えないまでも半年分の必要経費くらいは用意しましょう。

 

2)直前3期すべての経常利益がすべて損失になっている場合

損失の原因と今後の経営改善に関する計画書を添付します。
3期すべてが赤字というわけでなければ添付の必要はありません。

 

3)債務超過がある場合

債務超過(債務者の負債の総額が資産の総額を超える状態)がある場合は、中小企業診断士の診断書を添付します。当事務所では信頼できる税理士法人所属の中小企業診断士様に診断を依頼しています。もちろん費用はかかります。

 

4)運搬車輌の保有

事業の開始時ですから、できれば運搬車輌を自己所有で用意することが必要です。
すでに別業務で使用している車輌があればそれを使って申請ができます。

 

要件としてはこのくらいです。

 

申請の要件は都道府県ごとに違います。

申請する都道府県等により要件が上記の4件のみであるとは限りません。
しかし赤字だからといって申請を躊躇する必要はありません。
要件さえしっかりクリアすれば十分可能です。

 

事業が赤字でも、開業前でもまずはご相談ください。

 

お問い合せは
053-460-6723
sanpai@ksoffice.xsrv.jp
お問い合わせフォーム

 

廃棄物処理法に関することなら、行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!