静岡県の産業廃棄物に関する条例

静岡県の産業廃棄物に関する条例

静岡県の産業廃棄物に関する条例

静岡県では、産業廃棄物の適正な処理を促進し、県民の生活環境の保全のために「静岡県産業廃棄物の適正な処理に関する条例」を定めています。

 

5つの柱
1.排出事業者の処理責任の徹底
2.県外から搬入される産業廃棄物の適正処理
3.処理業者による不適正な処理の防止
4.不法投棄等に利用されないための土地の適正管理
5.処理施設設置者の周辺住民に対する説明責任の徹底

 

第一の柱は、廃棄物管理の実務に直結する内容ですので、概要を表示します。

 

第一の柱:排出事業者の処理責任の徹底

 

○産業廃棄物管理責任者の設置
・全事業所に設置
・産業廃棄物の処理についての知識と権限を有している者
・事業場で排出した産業廃棄物の適正処理の法令遵守、体制整備に掛かる任務
・事業者による管理者任務遂行のための配慮
・産業廃棄物管理責任者の研修受講

 

○産業廃棄物処理の委託先の実地確認とその記録の保存
・産業廃棄物の処理を産廃処理業者へ委託する事業者
・委託契約前に事前実地確認
・年1回以上実地確認
・確認の結果を記録して保存(5年間)
・中間処理業者も同様に確認。

 

○不適正な処理が行われた場合の必要な措置の実施及び県への報告
・委託先への是正指示
・廃棄物搬入の停止など
・県知事への措置状況報告
・必要な措置を実施しない場合、県知事による勧告の対象となる

 

廃棄物処理法に関することなら行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!