産業廃棄物許可に必要な車両写真の撮り方

車両写真の撮り方

産業廃棄物許可に必要な車両写真の撮り方

許可申請に必要な車両写真の撮り方は、都道府県又は政令市によって異なります。近年は産業廃棄物車両の表示を明確にするために側面写真の追加を求められるケースが増えています。
最も多いのが下図のBCの対角の斜め撮りですが、@Aの全面と側面も多くなってきました。
公道を走行できるならほとんどの車両がOKなので、あえて軽自動車を写真撮りしてみました。
更新許可申請の場合は産廃車両表示が必要です。

 

車両写真の撮り方

 

車両写真の例
産廃車両表示
産廃車両表示

 

静岡県
原則は、車両の斜め前方及び斜め後方から撮影
条件としては、
1)車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)産廃表示が判別できること
3)同じ側面のみを写したものは不可(要するに車両全面を撮る)
4)ただし、トレーラーなど産廃表示が遠く判別不明の場合は側面を撮る

 

愛知県
原則として車両前面および車両側面を撮影
条件としては、
1)前面写真では、車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)側面写真では、産廃表示が判別できること

 

三重県
車両の斜め前方及び斜め後方から撮影
条件としては、
1)車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)産廃表示が判別できること
3)同じ側面のみを写したものは不可(要するに車両全面を撮る)

 

岐阜県
車両前面および車両側面を撮影
条件としては、
1)前面写真では、車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)側面写真では、産廃表示が判別できること
3)石綿含有産業廃棄物を運搬する場合は、その他の廃棄物と
写混合しないよう仕切りを設けるなど必要な措置を講じたこと
が確認できるよう必要に応じて写真を追加すること

 

滋賀県
車両前面および車両側面を撮影
条件としては、
1)前面写真では、車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)側面写真では、産廃表示が判別できること
3)トラクターは前から、トレーラは後から撮影し、ナンバープレート
が確認できること

 

神奈川県
車両の斜め前方及び斜め後方から撮影
条件としては、
1)車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)産廃表示が判別できること
3)同じ側面のみを写したものは不可(要するに車両全面を撮る)

 

東京都
車両の斜め前方及び斜め後方から撮影
条件としては、
1)車両ナンバープレートが鮮明に判別できること
2)産廃表示が判別できること
3)同じ側面のみを写したものは不可(要するに車両全面を撮る)

 

その他
市町村の一般廃棄物許可申請
一般廃棄物許可申請の場合、車両写真の撮影方法は千差万別です。

 

車両写真の撮影は、プロにお任せください。

 

廃棄物処理法に関することなら行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!