産業廃棄物収集運搬業の申請には運搬施設の準備が必要

「産業廃棄物収集運搬業」の申請には運搬施設の準備が必要

産業廃棄物収集運搬業の申請には運搬施設の準備が必要

運搬施設の準備

 

産業廃棄物の収集運搬業を営む場合には、まず「運搬施設」を準備する必要があります

 

全く新規で事業を立ち上げる場合には、最低限運搬車両などの「運搬施設」が納車されていないと許可申請自体ができません。

 

運搬施設の要件としては、産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭の漏れるおそれのない運搬施設(車両等)及び運搬容器等の継続的な使用権があるかどうかです。

 

例えば、汚泥の運搬をする場合、密閉型のドラム缶や水密仕様のコンテナ容器、専用の汚泥吸引車など、主に流出防止の措置をした容器や特殊車両を用意する必要があります。

 

許可申請に必要となる書類等は、車両の車検証、車両写真、運搬容器の写真、駐車場の見取り図などです。

 

車両の車検証のチェックポイントは、
有効期限内・使用権限の明示・土砂禁の有無・排ガス規制に該当するか(東京都など)
となります。

 

車両写真を撮る必要がありますが、撮りかたも各自治体で様々です。

 

詳しくはお問合せください。

 

廃棄物処理法に関することなら行政書士 加藤木剛にお任せ下さい!